• NEWS

    ニュース

    2014年9月 19日

    ビンズン省で路線バス「KAZE SHUTTLE」の暫定運行を開始

    ベカメックス東急の100%子会社ベカメックス東急バスは2014年9月20日(土)、ビンズン省において路線バス「KAZE SHUTTLE」の暫定運行を開始します。

    現在、ベカメックス東急が開発を進めるビンズン新都市ではビンズン省新庁舎が完成し、省都がトゥーヤモット市から新都市に移転しております。今般、暫定運行を開始する路線は、新庁舎に勤務する公務員、来庁者および新都市内居住者の移動手段として新都市からトゥーヤモット市街を結ぶものです。時刻表を掲出した定時運行、快適な車両での運行、お客様への丁寧な接客、安全・事故防止教育の徹底など、日本的ノウハウを活用した整備を図ると共に、燃料はCNG(圧縮天然ガス)を使用し、環境にも配慮した新たなバスシステムの提供を目指します。

    路線愛称は「KAZE SHUTTLE」とし、新都市を駆け抜けるという意味を込め、日本語の「風(かぜ)」をローマ字で表記することで、ベカメックス東急の住宅プロジェクト「SORA gardens」と共にベトナムのお客さまに日本らしさを訴求します。

    (※1)2014年9月20日(土)~9月30日(火)の間は、運賃無料にて運行致します。

    (※2)現在、一部区間が工事中のため、当面は迂回運行いたします。

    kaze-bus-.JPG

    Kaze  bus-1.JPG

    Kaze bus-4.JPG