• NEWS

    ニュース

    2018年3月 26日

    Becamex IDCとNTT EASTが覚書(MOU)を結びました

    2018年3月26日に、NTT東日本、通信・情報技術の分野における日本の大手企業は、Becamex IDC社、トップベトナムのインフラ、産業・都市計画・開発会社との覚書(MOU)を締結しました。この契約の目的は、ビンズン新都市で始まるベトナムにおけるスマートシティの相互発展の事業実現可能性を探ることです。

    スマートシティは現在世界中の多くの都市で広く適用されており、著しい成功を達成しています。しかし、ベトナムで開発しているスマートシティは、多くの困難に直面しています。最大の問題は、インフラ建設が都市化のペースに追いついておらず、生産性と労働の質がまだ世界のレベルに近づかないことです。しかし、ビンズン新都市これらの困難を克服するための素質を持ってると言えます。それは、物理インフラストラクチャが、情報通信技術のアーキテクチャとインフラストラクチャの基盤と同時に構築されるということです。これは、ベトナム内外の組織や個人がテレコミュニケーションと情報基盤の整備と運用に容易に参加できるようにするためです。

    また、ビン・ドゥン新都市では、ビン・ドゥン新都市建設のためのBECAMEX TOKYU(日本のBECAMEX IDCと東京都との合弁会社)によって都市開発が行われ、最も近代的で美しい都市ベトナム。ベトナム・テクノロジー・アンド・コミュニケーションズ・コーポレーション

    (ベトナム・テクノロジー・アンド・コミュニケーションズ・コーポレーション(VNTT))とNTTイーストとNTTイーストを結ぶ際には、Binh DuongにBecamexとVSIPが投資している工業団地や町の顧客に、通信技術の質の高いサービスを提供することを約束します。国の他の都市。

     

    また、ビンズン新都市では、都市開発は、最も近代的で美しい都市の一つになるためのビンズン新都市の建設のためにBECAMEX東急(BECAMEX IDCと日本の東京急行電鉄との合弁会社)によって行われます。ベトナム。 Becamex IDC、ベトナム技術と通信株式会社(VNTT)と一緒にNTTベトナム、NTT東日本を通じてNTT東日本に入社すると、ビンズオンにBecamexとVSIPが投資工業団地や黒人居住区の顧客に電気通信技術に関する質の高いサービスを提供することを約束し、国の他の都市。

    NTT東日本会長 – 山村氏とビンズン人民委員会委員長 – トラン・タン・リーム氏が契約書に署名しました。

    BECAMEX TOKYUの副社長 – オ・オウン・クンもこの重要な式に出席しました(真ん中)。

     

     

    イベントのビデオ:http://truyenhinh.baobinhduong.vn/video/xem-video/ky-ket-bien-ban-ghi-nho-trien-khai-xay-dung-thanh-pho-thong-minh-binh -duong-3370.html(Binh Duong Electronicsの引用)

    写真:Xuan Thi – Binh Duong電子新聞