• NEWS

    ニュース

    2018年10月 4日

    ベカメックス東急は海外直接投資(FDI)を通じてベトナム経済の発展に寄与したとし、首相より表彰を受賞

    2018年10月4日、ミー・ディン国際コンベンションセンターで開催された第30回ベトナム海外直接投資の式典において、ベカメックス東急はベトナム経済の発展に貢献したことを称えられ、フック首相からの表彰を受賞しました。

    30周年を迎える今年は「新しい時代への幕開け」をテーマに、外交政策や投資基金、研究機関などをはじめとする各業界からの代表者が2,500名以上参加しました。

    ビンズン省およびベカメックス東急はともに、ベトナム南部にある省の中で唯一選ばれ、FDIによる貢献を首相より称えられました。

    ビンズン省やベトナム全土ではFDIが好調な勢いを見せており、2014年は登録ベースで202億3000万ベトナムドン、実質ベースでは123億5000万ベトナムドン、この数値はその後3年もこの数値は安定的に伸びていき、2017年は登録ベースで358憶8000万ベトナムドン、実質ベースでは175億ベトナムドンを記録しました。

    現在に至るまで、数多くの投資許可がFDIとして認められてきましたが、これは同時にベトナム経済が成長していく可能性を秘めているといえるでしょう。

    Nguyen Xuan Phuc首相からのスピーチ

    ベカメックス東急の代表として、呉副社長(前列中央)が授賞式に参加しました。